タグ:下目黒 ( 15 ) タグの人気記事
一度は行きたい“昭和の竜宮城” 目黒雅叙園 文化財「百段階段」

c0237091_15241796.jpg目黒区内にある様々な施設の中で全国から観光バスに乗って訪れる人が最も多いと言っても過言ではないところ、それは目黒雅叙園内にある東京都指定有形文化財の百段階段であろう。

続きを読む
[PR]
by meguro-townwriter | 2016-02-05 15:00 |  ■ 景観・建物
災害からペットを守りたい! ~『おやごころ』でペットと一緒に助かる!(前編)~

c0237091_11214594.jpgみなさんはペット用の避難用品があるのをご存じだろうか。

製造販売するサイデリアル(有)は、目黒駅から徒歩7分、下目黒にある。
代表の岡 聖記さんは、“犬は家族の一員”という環境で育った生粋の愛犬家だ。

続きを読む
[PR]
by meguro-townwriter | 2015-04-09 15:05 |  ■ 人とまち
愛情いっぱいの防災用品 ~『おやごころ』でペットと一緒に助かる!(後編)~

c0237091_1129515.jpg「緊急時は多くを考えられないから普段使っているものこそ役に立つ。必要最小限で飼い主とペットがお互い役に立つもの」。そんな発想から生まれたのが、ペット用避難用品『おやごころ』シリーズだ。

続きを読む
[PR]
by meguro-townwriter | 2015-04-09 15:00 |  ■ 人とまち
街かどトーク「奇跡の寺院・・・五百羅漢(らかん)寺」

c0237091_10571388.jpg2月14日(土)の夕刻、第3回街かどトークが下目黒の五百羅漢寺で開かれた。住職および学芸員の僧侶から、陳列された羅漢像と共に寺の歴史が説明され、建築、寺院、仏像などに興味を持つ参加者より、熱心な質問がとんだ。

続きを読む
[PR]
by meguro-townwriter | 2015-03-24 15:00 |  ■ 人とまち
ギャラリーコスモス<親思いの貿易マンが飛び込んだフォトギャラリーの世界>(後編)

c0237091_10203170.jpg代表の新山洋一氏は、1944年生まれで、目黒区在住63年。父親の清氏は、1911年生まれの写真家で、57歳で亡くなるまで、自然界に点在する造形美を巧みに切り取ったモノクロ作品を撮り続け、その作品は国内外で高い評価を受けている。

続きを読む
[PR]
by meguro-townwriter | 2014-08-01 18:01 |  ■ ギャラリー・ミュージアム
ギャラリーコスモス<親思いの貿易マンが飛び込んだフォトギャラリーの世界>(前編)

c0237091_1085580.jpg皆さん“東京写真月間”をご存じだろうか? 写真文化の普及と発展を目的として日本写真協会が主催する国内最大級のイベントである。関連企業や都内のギャラリーが賛同して、6月1日の「写真の日」を中心に、2ヶ月間に亘って開催される。

続きを読む
[PR]
by meguro-townwriter | 2014-08-01 18:00 |  ■ ギャラリー・ミュージアム
ブリッツ・ギャラリー…下目黒で見つけたアート・フォトの殿堂

c0237091_10495363.jpg『ブリッツ ギャラリー』はアート・フォトを専門的に扱っている白亜の殿堂。おしゃれなインテリアショップが立ち並ぶ目黒通りに程近い閑静な住宅街にある。

続きを読む
[PR]
by meguro-townwriter | 2013-08-09 15:00 |  ■ ギャラリー・ミュージアム
めざせ!応急手当の名指導者(消防団②)

c0237091_1828667.jpg2013年2月24日、目黒消防署にて「救急普及技術効果確認」が行われた。これは目黒消防団が独自に開催している応急手当の大会で、各分団から3名で1チームを編成し、心肺蘇生・AEDを活用した救急の指導技術を競う。

続きを読む
[PR]
by meguro-townwriter | 2013-03-22 17:30 |  ■ 人とまち
老舗和菓子屋『玉川屋』と目黒不動尊 (目黒不動尊仁王像②)

c0237091_16364884.jpg毎月28日に開かれる目黒不動尊の縁日の日に訪れ、出店で和菓子を売っている玉川屋支配人・中山正(あきら)氏にお目にかかれた。中山氏は像を寄進した小川雄一氏の甥にあたる。

続きを読む
[PR]
by meguro-townwriter | 2013-02-08 16:55 |  ■ 歴史・史跡
目黒不動尊仁王像の由緒 (目黒不動尊仁王像①)

c0237091_1531826.jpg関東最古の不動霊場・通称目黒不動尊と呼ばれる瀧泉寺。境内入口の仁王門には一対の仁王像が鎮座している。この像の由緒を知る人は少ないであろう。

目黒不動尊は1945年(昭和20)5月の空襲でほとんどが焼失したが、1925年(昭和25)には早くも本堂が再建され、仁王像を再建しようという機運が高まった。

1954年(昭和29)ころ、近くの和菓子屋『玉川屋』の当時の主人・小川雄一氏が仁王像の再建寄進を申し出、目黒在住の彫刻家・後藤良(ごとうなおし)氏がこの像の制作にあたった。

続きを読む
[PR]
by meguro-townwriter | 2013-02-08 16:30 |  ■ 歴史・史跡



目黒のまちかどから~目黒のまち記者通信~
イベント情報
カテゴリ
全体
★ 記事一覧
 ■ 景観・建物
 ■ 人とまち
 ■ 商い・技・農
 ■ 施設
 ■ ギャラリー・ミュージアム
 ■ 歴史・史跡
 ■ 自然・公園
 ■ 環境・エコ
・ お知らせ
・ このページについて
・ 目黒タウンライター紹介
最新の記事
未来に残したい螺旋階段!
at 2016-03-30 18:00
色んな人と考え方に出会えるか..
at 2016-03-23 15:00
色んな人と考え方に出会えるか..
at 2016-03-23 14:59
弓道はクールでグローバル!
at 2016-03-18 15:00
モノづくりが日本の経済を支え..
at 2016-02-12 15:00
一度は行きたい“昭和の竜宮城..
at 2016-02-05 15:00
目黒シネマと映画好きな人たち..
at 2016-01-29 17:01
目黒シネマと映画好きな人たち..
at 2016-01-29 17:00
だれでも歓迎 だれもが輝ける..
at 2015-09-11 15:01
子どもの意志を尊重する仲間が..
at 2015-09-11 15:00
タグ
(29)
(15)
(15)
(14)
(14)
(13)
(12)
(11)
(10)
(10)
(9)
(9)
(8)
(7)
(7)
(6)
(3)
(3)
(3)
(2)
以前の記事
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
画像一覧
リンク