奥深い廃品打楽器奏者山口ともさんの世界

c0237091_18534836.jpg子供の頃、茶碗や階段の手すりを叩いて楽しんでいた記憶はないだろうか?今回、そういう記憶を蘇らせてくれる廃品打楽器奏者、山口ともさんを取材。お話だけでなく、実際に色々な廃品素材を使った打楽器を試奏させて頂き、とても楽しい一時となった。




c0237091_18535998.jpg魚の保存用発泡スチロール箱の上にねじ口の錆びた鉄菅管を並べて、マレット(ばち)で叩いて出てくる音は、その見た目からは真逆の澄んだ清らかなヒーリング系の音だった。また、2つの缶の間にバネを糸電話の様に引っ掛けて叩くと、SF的異次元空間の響きがする。どちらも自作可能なので、発想次第の可能性にワクワクさせられ、楽器や音楽の固定概念がなくなる開放感を感じた。ともさんの活動には、昔の映画に携わっていた音効さんが雨音を出すのにアルミホイルに塩をかけたりする様な工夫がある。そんなエンターテイメント的な事を志している面があると感じた。

影響されている人物としてチャップリンや戦前の浅草芸人を挙げられていた。なんとなく三枚目な風貌をされているのもそういう影響がある様。実際、年に数回浅草の演芸場にて打楽器コメディアンとしてパフォーマンスも行っているので、興味のある方は足を運んで見てはいかがだろうか?

【写真上】切った鉄管を叩く山口ともさん
【写真下】缶にひっかけたバネを叩くとSF的異次元空間の響きが

取材先:TOMO OFFICE 代表取締役 山口とも 氏(廃品打楽器協会会長)

ふく
タウンライター養成講座2015.03
取材日:2015.03.04



*関連記事*
叩けばなんでも音がする
[PR]
by meguro-townwriter | 2015-04-23 15:00 |  ■ 人とまち
<< 叩けばなんでも音がする 自分でできる小さなリノベーショ... >>



目黒のまちかどから~目黒のまち記者通信~
イベント情報
カテゴリ
全体
★ 記事一覧
 ■ 景観・建物
 ■ 人とまち
 ■ 商い・技・農
 ■ 施設
 ■ ギャラリー・ミュージアム
 ■ 歴史・史跡
 ■ 自然・公園
 ■ 環境・エコ
・ お知らせ
・ このページについて
・ 目黒タウンライター紹介
最新の記事
未来に残したい螺旋階段!
at 2016-03-30 18:00
色んな人と考え方に出会えるか..
at 2016-03-23 15:00
色んな人と考え方に出会えるか..
at 2016-03-23 14:59
弓道はクールでグローバル!
at 2016-03-18 15:00
モノづくりが日本の経済を支え..
at 2016-02-12 15:00
一度は行きたい“昭和の竜宮城..
at 2016-02-05 15:00
目黒シネマと映画好きな人たち..
at 2016-01-29 17:01
目黒シネマと映画好きな人たち..
at 2016-01-29 17:00
だれでも歓迎 だれもが輝ける..
at 2015-09-11 15:01
子どもの意志を尊重する仲間が..
at 2015-09-11 15:00
タグ
(29)
(15)
(15)
(14)
(14)
(13)
(12)
(11)
(10)
(10)
(9)
(9)
(8)
(7)
(7)
(6)
(3)
(3)
(3)
(2)
以前の記事
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
画像一覧
リンク